CIRIC 千葉ヨウ素資源イノベーションセンター Chiba Iodine Resource Innovation Center

センター概要

センター概要

千葉ヨウ素資源イノベーションセンター
千葉ヨウ素資源イノベーションセンター
千葉大学と企業4社の包括連携手交式
千葉大学と企業4社の包括連携手交式
CIRICのロゴの説明
CIRICのロゴの説明
荒井孝義
千葉ヨウ素資源イノベーションセンター長
荒井 孝義

平成28年度文部科学省補正予算事業「地域科学技術実証拠点整備事業」の採択を受けまして、「千葉ヨウ素資源イノベーションセンター」Chiba Iodine Resource Innovation Center (CIRIC)が、平成30年春に千葉大学西千葉キャンパスに竣工しました。
ご存知のように、ヨウ素は日本が輸出する貴重な元素であり、世界のヨウ素の約30%(世界第2位)を生産しています。千葉県は、そのうち75%を担っています。CIRICは、この貴重なヨウ素資源を活用し高付加価値なヨウ素製品を開発・製造するために設置されました。
平成30年2月7日には、CIRICに入居する伊勢化学工業株式会社、株式会社合同資源、日宝化学株式会社、株式会社ナックテクノサービスの連携企業4社と、千葉大学の5者合同で「包括連携共同研究推進等に関する協定」を締結しました。CIRICに入居する各企業の研究室においてはクローズドな環境を保持しつつ、非競争領域において協定の下で千葉大学と連携企業4社が相互に協力し、多面的に連携することにより、オープンイノベーションを推進し、社会的インパクトの高い高機能ヨウ素製品の社会実装を目指します。
CIRICのロゴは、ヨウ素のシンボルカラーである紫色を用い、企業、千葉県、そして千葉大学がCIRICに集い、ヨウ素の高機能化研究を行うことを示しています。3次元的なキュービックな構造の中にI2を見ることができ、キュービックの外形には有機化学によく出てくる六角形のモチーフを見ることができます。ヨウ素学会の事務局もこのCIRICに移転し、正にヨウ素研究の拠点となります。
CIRICには、固体分析も可能な600 MHz NMRを始めとする各種NMR、XPS、ICP、LC/MS/MS、ラマン分光装置など各種最先端分析装置が整備されます。学内外の共同研究の推進に広く活用ください。

pagetop